まぶたの病気

眼瞼下垂

上まぶたが垂れ下がって
目が開きにくくなる病気です

「上の方が見づらい」などの症状がみられます。重度になると「目が疲れる」「重い」といった症状が出ることもあります。

原因

加齢、外傷、神経麻痺などがあげられます。まれに先天性の方もおられます。

治療

まぶたをあげる筋肉である眼瞼挙筋を短縮する手術(挙筋前転術)を行います。

眼瞼内反症

上まぶたが垂れ下がって
目が開きにくくなる病気です

涙が出たり、チクチクしたり、角膜炎・結膜炎による充血や、めやにが現れます。ひどい場合は痛みや視力障害が出ることがあります。

原因

まぶたの皮膚が余ってまぶたを内側に押している場合や、年齢に伴ってまぶたを支える組織がゆるんでくるために起こります。

治療

まぶたを支えている組織を補強して、瞼の縁が外に向くようにする手術を行います。

眼瞼外反症

下まぶたが外側に
めくれてしまった状態です

目が痛い、涙がこぼれる、まぶたの裏がめくれたようにいつも見えている、などの症状が出ます。

原因

加齢、顔面神経麻痺、傷跡によるものなどがあります。

治療

まぶたのゆるんだ組織を切除したり引っ張りあげる手術を行い、まぶたをピンと張った状態にします。