十三の「いくの眼科」、武庫之荘の「あさいアイクリニック」を運営する医療法人 恭青会(きょうせいかい)です。
文字反転

まぶたの病気

まぶたの病気にはさまざまなものがあります

眼瞼下垂
上まぶたが垂れ下がって目が開きにくくなる病気です

症状

「上の方が見づらい」などの症状がみられます。重度になると「目が疲れる」「重い」といった症状が出ることもあります。

【眼瞼下垂】正常【眼瞼下垂】重度
原因
加齢、外傷、神経麻痺などがあげられます。まれに先天性の方もおられます。

治療

まぶたをあげる筋肉である眼瞼挙筋を短縮する手術(挙筋前転術)を行います。

眼瞼内反症
まぶたが内側を向き、まつげが目に入る状態です

まぶたが内側に向いているために、逆さまつげになっている状態です。黒目(角膜)や白目(結膜)にまつげが当たって障害が出ます。

【眼瞼内反症】正常【眼瞼内反症】

症状

涙が出たり、チクチクしたり、角膜炎・結膜炎による充血や、めやにが現れます。ひどい場合は痛みや視力障害が出ることがあります。

原因
まぶたの皮膚が余ってまぶたを内側に押している場合や、年齢に伴ってまぶたを支える組織がゆるんでくるために起こります。

治療

まぶたを支えている組織を補強して、瞼の縁が外に向くようにする手術を行います。

眼瞼外反症
下まぶたが外側にめくれてしまった状態です

症状

目が痛い、涙がこぼれる、まぶたの裏がめくれたようにいつも見えている、などの症状が出ます。

原因
加齢、顔面神経麻痺、傷跡によるものなどがあります。

治療

まぶたのゆるんだ組織を切除したり引っ張りあげる手術を行い、まぶたをピンと張った状態にします。

医療法人恭青会グループクリニックのご案内

いくの眼科

〒532-0023 大阪市淀川区十三東2丁目9-10
十三駅前医療ビル3階

診療時間
09:00~12:00
14:00~17:30

★…火曜午後、木曜午後は『手術』も行います

あさいアイクリニック

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘1-19-26
サークルFビル3階

診療時間
09:30~12:30
15:30~18:30
PAGETOP
Copyright © 2019 医療法人恭青会 All Rights Reserved.