緑内障

緑内障の症状

見えない箇所や、
見える範囲が狭くなる病気です

初期・中期段階では自覚症状がほとんどなく、気付かないうちに病気が進行していることが多くあります。緑内障が進行すると視力低下・視野欠損・視野狭窄し、最悪の場合は失明に至ることがあります。

原因 詳しい原因はわかっていません。眼圧が高い状態が続くと、奥にある視神経が障害されることで緑内障になります。しかし、眼圧が正常でも緑内障になる方もいるため、眼圧以外にも原因があるといわれています。特に近視の人はなりやすいとされています。40歳以上の20人に1人が緑内障といわれ、一度緑内障で視野が欠けると元には戻らないため、眼科での定期検診を受けるようにしましょう。

緑内障の治療

眼圧を下げることで
進行速度を遅らせる

緑内障は、一度悪くなった視力・視野を元通りにする治療方法がありません。点眼薬や手術などで眼圧を下げることで進行速度を遅らせることが唯一の治療方法で、定期的な通院と点眼薬などを確実に使うことが最も大切です。