十三の「いくの眼科」、武庫之荘の「あさいアイクリニック」を運営する医療法人 恭青会(きょうせいかい)です。
文字反転

黄斑円孔

黄斑円孔
モノを見るのに最も重要な黄斑部(おうはんぶ)に穴が開く病気です

網膜の中心にある黄斑部(おうはんぶ)に穴が開くと丸い形になることが多いため「円孔」と呼びます。黄斑部は最も感度が高く視力もよくでるため、少しでも異常があると視力低下をおこしやすいです。

正常引っ張られ袋のような空洞ができるさらに引っ張られて穴が開く
正常すぼんで見える黒い影
原因
加齢によるもの、打撲、強度近視によるもの

自覚症状

初期はモノの中心がすぼんで見えたり、見たい部分が黒い影になるなど、最も見たい部分が見えにくくなるのが特徴です。外の景色などは普通に見えるため、気づかないこともしばしばです。症状が出てからあまり長期間放置すると、手術しても視力が上がらなくなります。

治療

お薬での治療法はありません。
視力低下や歪みがひどくなる場合は、硝子体手術が必要となります。

黄斑円孔手術について

医療法人恭青会グループクリニックのご案内

いくの眼科

〒532-0023 大阪市淀川区十三東2丁目9-10
十三駅前医療ビル3階

診療時間
09:00~12:00
14:00~17:30

★…火曜午後、木曜午後は『手術』も行います

あさいアイクリニック

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘1-19-26
サークルFビル3階

診療時間
09:30~12:30
15:30~18:30
PAGETOP
Copyright © 2019 医療法人恭青会 All Rights Reserved.