黄斑円孔

黄斑円孔の症状

モノを見るのに最も重要な
黄斑部(おうはんぶ)に
穴が開く病気です
  • 正常な見え方
  • すぼんで見える
  • 黒い影が見える

網膜の中心にある黄斑部(おうはんぶ)に穴が開くと丸い形になることが多いため「円孔」と呼びます。黄斑部は最も感度が高く視力もよくでるため、少しでも異常があると視力低下をおこしやすいです。

原因

加齢によるもの、打撲、強度近視によるもの

自覚症状

初期はモノの中心がすぼんで見えたり、見たい部分が黒い影になるなど、最も見たい部分が見えにくくなるのが特徴です。外の景色などは普通に見えるため、気づかないこともしばしばです。症状が出てからあまり長期間放置すると、手術しても視力が上がらなくなります。

黄斑円孔の治療

お薬での治療法はありません。視力低下や歪みがひどくなる場合は、硝子体手術が必要となります。