十三の「いくの眼科」、武庫之荘の「あさいアイクリニック」を運営する医療法人 恭青会(きょうせいかい)です。
文字反転

理事長挨拶

理事長写真

医療法人恭青会
理事長 生野 恭司

理事長挨拶

大学病院で研究する私は常にジレンマを抱えていたと言えます。私はついに大学を出ることを決心しました。大学病院同等の最新鋭の診断機器と手術設備を備え、より快適に治療できるクリニックを作ろう。診察のシステムから手術室の動線、そしてスタッフの教育にも心を配り誕生したのが十三の「いくの眼科」です。歩く距離を短くするため、駅から30秒と駅前に開設し、阪急の各線らアクセスできるようにしました。お陰様で恭青会は十三に暖かく受け入れられ、成長してまいりました。今では近隣だけでなく、遠く九州や北陸からも目に困る患者さんが来院されます。今までお世話になった方々に心から御礼申し上げます。

恭青会では我々はできるだけ快適な通院・手術ができるように心がけています。特に大学病院など高度医療機関で顕著ですが、病気に対してそれぞれ専門の主治医がいることがあります。初診で5時間待ってみてもらった先生に、「また別の曜日にきてください」と言われることがあります。また、ひたすらコンピュータを打っているだけで、こちらに話もしてくれない先生。あるいは急いで手術を受けなさいと紹介されてきても、1カ月待たされる入院。また、看護婦さんに何か聞きたくても、忙しそうで結局できずに帰るご老人。ありとあらゆる不条理・不都合を大学病院で見てきました。「高度医療とはこれほど不便を伴うものか?」それが私の疑問でした。待ち時間短縮、疑問や不安を解消する医療スタッフの配置・補助すべて恭青会のシステムすべてがこれに対する私なりの答えです。

「一人でも多くの患者さんを治したい」は恭青会の理念です。しかしながら、医師一人が頑張ってもその数には限りがあるのが現実です。そのため今は、患者さんの動線強化、そのための基盤構築に力を入れています。多くの医療機関のご支持をいただき、眼科、内科を問わず緊密な連携を保っている施設は多くあります。また、どのような組織でもそうですが、実際の接遇にあたるフロントサイド(看護師、視能訓練士、受付スタッフなど)だけでなくバックサイド(事務方・企画・経営)の充実に力を入れています。恭青会では常に「優れた眼科医療の実践」を共に行ってくれる先生方や仲間・人材を求めています。

今後とも恭青会をよろしくお願いいたします。

開院に至った動機

1大きな病院での経験 ~患者様の滞在時間~

私は24年の間、大学病院や大きな国立病院で働いてきました。大学病院では診察する施設や設備は整っているものの、医師に対しての患者様数は多く、急患の方も受け入れているため、おのずと待ち時間が長くなります。初診では3、4時間待ち、大きな検査がある場合は半日や1日を要します。そんな長時間の滞在はご病気の方やご高齢の方は特に大変で、またそのご家族の方もとても大変だと、診療する私たちも非常に心苦しく思う毎日でした。

この様な経験から、患者様に無理のない滞在時間、また交通の利便性も考えるようになりました。
恭青会では治療以外にも患者様の視点に立ち、眼科医療を提供していきたいと思っています。

2研究と診療実績

24年間、網膜硝子体手術や網膜の研究に勤しんでまいりました。
それまで何万という多くの患者様の手術・治療を行いました。このような経験は現在の診療技術に活かされており、技術を学ばせていただいた大学や病院に感謝いたします。
この診療技術で今まで以上により多くの患者様を治療していきたいと思います。

3目の病気の人を減らしたいという思い

もともと網膜の治療をしていた関係から、強度近視に非常に興味を持ち研究してまいりました。その中で分かったことは強度近視という病気はとても恐ろしく、治療は難しいという事です。そこで治療ではなく、予防をすれば病気の人を減らせると考えました。今や、網膜・強度近視の治療は日進月歩です。10年も経てば全く治療法や考え方が変わってしまいますが、日々新しい治療法を柔軟に取り入れていきたいと思います。

理念に込められた思い

1優れた眼科医療を一人でも多くの患者様に提供し地域の眼を守る

医療というのはあくまで患者様を治すものです。本院 いくの眼科がある十三・淀川区から大阪府域の多くの患者様に「優れた医療を提供し、地域の視力そして見る力を守り、病気と闘う」ということを最初の理念と致しました。

2人格・知識双方を備えた眼科医療人を育成し、日本の眼科医療へ貢献する

患者様を治すために技術は必要ですが、それと同時に接遇もとても大切だと考えております。機械や技術はお金で買えますが、知識・経験・優しさはお金では買えません。患者様の治療をするためには、接遇を備えた眼科医療人を育成することが大切だと心得ております。

3最先端の眼科研究を行い、世界の眼科医療の向上に貢献する

日本の眼科医療は近視研究で世界の最先端を引っ張ってまいりました。この近視研究で、アジアそして世界の人々に広め、多くの患者様を救うことができます。私は、眼科研究や診療で得られた経験・知識を多くの方へ広めるために、常々アジアを中心に世界で講演を行っており、今までに得た技術や経験、手術で得られた恩恵を世界の眼科医療に活かしていきたいと考えています。

これまでの歩み

本院いくの眼科の実績

本院いくの眼科本院いくの眼科は2018年末をもって開院3周年を迎えました。年間で1,000件以上の手術と1万人以上の診察を行い、他院からの紹介患者様は年間500人以上となりました。
この3年間で得られた経験知識は何事にも代えがたいものです。これまでお世話になった方々へ感謝を申し上げます。
また、新しい眼科領域の研究に取り組むために、今現在の眼科では必須となった倫理委員会を設立いたしました。

分院あさいアイクリニック開院と医療法人設立

分院あさいアイクリニック2017年には阪急武庫之荘にあさいアイクリニックを開院し、いくの眼科と2院で構成した医療法人恭青会を設立したしました。2院は連携して網膜硝子体手術だけではなく眼瞼あるいは涙道手術等も行っています。
そして、2017年より分院あさいアイクリニックでも白内障の手術を開始され、両院で手術が行えるようになりました。

学会活動

学会での発表いくの眼科は昨年、第二回日本近視学会を開催いたしました。日本眼科学会の下部組織には、日本近視学会があり日本の網膜、さらには近視疾病の取り組みをしています。私はその副理事長を務めさせていただいており、近視研究だけではなく低学年、幼少期の近視予防の啓蒙にも携わっています。また、開院当初より大阪大学並びに金沢大学からは広く連携してまいりました。大阪大学では招へい教授として学生教育や大阪大学との共同研究に伴う論文執筆、学会発表などもしてまいりました。金沢大学とは共同研究によりとくに近視性緑内障のメカニズムについて研究を行っております。また、海外での発表、論文の執筆など、大阪と金沢との連携を維持しながら、日本全体の研究にも邁進しています。そして、恭青会のより広い領域での活躍・啓蒙のために2018年には管理部を設立いたしました。

今後への抱負

十三駅から至近「十三駅前医療ビル」今後もより多くの患者様を恭青会が治していきたいと思っております。十三本院は十三駅から至近距離にあり鉄道交通網の往来は非常に便利で、大阪府域、京阪神地域の方々にも目の健康にいくの眼科は貢献するために邁進していきます。
眼科に来ることは非常に不安で、手術となるとなおさらです。私はそのような不安をできる限り取り除きたいと思っております。看護師やスタッフの接遇や説明文書も充実させ患者様の受け入れ態勢を厚くさせたいと考えており、眼科医療人の育成とともにホスピタリティを充実させていと思います。
さらに、今後は管理部を通じて情報交換に努め、学会などで諸活動をさらに広げていこうと思っています。

医療法人恭青会グループクリニックのご案内

いくの眼科

〒532-0023 大阪市淀川区十三東2丁目9-10
十三駅前医療ビル3階

診療時間
09:00~12:00
14:00~17:30

★…火曜午後、木曜午後は『手術』も行います

あさいアイクリニック

〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘1-19-26
サークルFビル3階

診療時間
09:30~12:30
15:30~18:30
PAGETOP
Copyright © 2019 医療法人恭青会 All Rights Reserved.