網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症の症状

網膜の静脈が閉塞し、
血管が詰まり血液が流れなくなる病気です

網膜の静脈が中心から詰まる網膜静脈中心閉塞症と、やや抹消で詰まる網膜静脈分枝閉塞症の2種類があります。網膜に必要な栄養や酸素が供給されないため、詰まった領域の網膜は障害され、視力低下などを生じます。

血管が詰まる網膜の領域の広さや程度、そして中心である黄斑部からの距離によって症状は異なります。分枝閉塞症で軽度の場合、無症状のこともありますが、視野検査を行うと視野が狭窄していることがわかります。中心静脈閉塞症では、網膜全域が障害されるため、重度の視力低下が生じます。また、黄斑部の血流が維持されても、網膜がむくむ黄斑浮腫を生じ、視力が低下することがあります。また、たとえ無症状でも、放置すると硝子体出血を生じ視力低下することがあります

網膜静脈閉塞症の治療

循環改善剤や、血をサラサラにする薬を内服して、血流の改善を図ります。閉塞領域には出血予防のためのレーザー光線治療を。黄斑浮腫には眼内注射、レーザー治療を行います。また出血や浮腫には、硝子体手術が行われることがあります。