いくの眼科

十三本院

いくの眼科

武庫之荘院

眼内レンズの種類

種類 多焦点レンズ 単焦点レンズ
種類 選定療養/自由診療 保険診療
レンズ
度数の
精度
0.01D間隔
完全オーダーメイド
乱視矯正可能
0.5D間隔
特性
  • 遠方と近方の両方が見えます。
  • 眼鏡の装用頻度がかなり減ります。
※ただし、他の眼科疾患がある場合が多焦点レンズを選択できないことがあります。
  • 焦点は遠方か近方かの一ヶ所になります。
  • ほとんどの場合、眼鏡が必要になります。

多焦点眼内レンズの
(老眼治療)について

白内障手術の際に使用する眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類があります。一般的には健康保険でカバーされる単焦点が使用されています。単焦点眼内レンズは、ピントが合う点が1つになるため、遠方の見え方を重視すると近方はピントが合わないために老眼鏡が必要になります。逆に近方の見え方を重視すると、遠くを見るときにメガネが必要になります。ただ、趣味や生活スタイルの関係で、できるだけメガネを使いたくないというニーズもあります。それに応えるのが多焦点レンズです。

多焦点眼内レンズの(老眼治療)について 多焦点眼内レンズの(老眼治療)について

多焦点眼内レンズの欠点

多焦点眼内レンズは高価ですが、値段が必ずしも満足度につながるわけではありません。実際、すべての方が100%満足するような多焦点眼内レンズはこの世の中に存在せず、何かの機能を強化すれば何か欠点を生じると考えても過言ではありません。多焦点眼内レンズの多くは、夜間にハローやグレア(光がにじんだり、輪がかかったように見える)が生じるものが多いです。また稀ですが、ワキシービジョン(Waxy vision)と呼ばれるワックスを塗ったような曇った見え方になることもあります。また、最初のうちは見え方に違和感を覚えたり、コツが必要になる方もおられます。時間をかけてゆっくりと慣らしていく必要があるのも多焦点眼内レンズの特徴です。

■多焦点眼内レンズの見え方の注意点
全体に色合いの区別が下がる
全体に色合いの区別が下がる 全体に色合いの区別が下がる
夜間に光視症(ハロー・グレア)を感じることがある
夜間に光視症(ハロー・グレア)を感じることがあります。 夜間に光視症(ハロー・グレア)を感じることがあります。

多焦点眼内レンズの種類

レンズにもたくさんの種類と特徴がありますが、自分自身の生活環境に一番合った眼内レンズを選択していただきたいと思い、豊富なラインナップを揃えました。もともとの目の状態だけでなく、読書(近方)、PC(中間)、屋外活動(ゴルフ、買い物)など、自分のライフスタイルの優先順位と照らし合わせて慎重にご検討ください。恭青会では、個々の検査データーに基づいて医師や視能訓練士、そしてスタッフとよく相談して最終的なレンズ選択を決定します。
また、他人の成功体験だけを鵜呑みして過度な期待を持って臨まれることも決してお勧めしません。同じレンズを入れたとしても、人によって感じ方は違います。必ずご自身で検討し、可能な限り多くの客観的情報を集めたうえで決断することをお勧めします。

■多焦点眼内レンズの見え方の注意点
多焦点眼内レンズの見え方の注意点 多焦点眼内レンズの見え方の注意点
■生活の中で優先することは何ですか?
多数のレンズの中から最適なレンズをご提案します
生活の中で優先することは何ですか? 生活の中で優先することは何ですか?

多焦点眼内レンズが適さない方

  • 網膜に眼疾患を有する方
  • 特殊なライフスタイルを持つ方
  • 極端な乱視を持つ方
  • 神経質な方・心配性な方

選定療養についてのご案内

2020年4月1日より、多焦点レンズによる白内障手術は「選定療養(費用の一部を健康保険併用)」と「自由診療」を選択できます。医療法人恭青会では、選定医療で行っています。

〈白内障手術のレンズ選択と費用の関係〉
白内障手術のレンズ選択と費用の関係 白内障手術のレンズ選択と費用の関係

【選定医療】選定療養による多焦点眼内レンズ手術では、手術にかかる費用は単焦点レンズと同じく健康保険適応となりますが、多焦点レンズにかかる代金は別途自己負担となります。選定医療は国内で認可されたレンズのみです。手術代金の一部は保険で賄われるため、その分自由診療より安価となります。

【自由診療】高性能なオーダーメードレンズ(海外製レンズ:国内未認可)を選択する場合は自由診療となります。手術当日だけでなく、術後2ヶ月の期間の検査、点眼剤などすべて自己負担となるため、選定利用よりも高価です。レンズの特徴などは「当院で使用している多焦点眼内レンズの種類と特徴」をご参照ください。

多焦点眼内レンズの治療費は所得税の医療費控除が受けられます

年間の医療費自己負担額が10万円を超えた場合、確定申告時の医療費控除が得られます。詳しくは下記の国税庁ホームページをご覧下さい。

医療費控除について

当院で使用している多焦点眼内レンズ(老眼治療)の種類と特徴

  • パンオプティクス(Alcon社)
  • テクニスマルチフォーカル・シングルピース(AMO社)
  • テクニスシンフォニー オプティブルー(AMO社)

パンオプティクス(Alcon社):選定療養対象

〈国内初承認の3焦点型の多焦点眼内レンズ〉

最新のテクノロジーを採用しており、遠方から近方まで幅広い距離で安定して良好な見え方が期待できます。今までの多焦点眼内レンズで問題であった暗い所での中間・近方作業も網膜への光の到達度を増すことで改善されており、幅広い生活スタイルの方に適応できる多焦点レンズです。

〈ハログレアの改善と中間視力の向上〉

光学デザインにより瞳孔径が大きくなるほど、遠くへの光配分を大きくし、不快なグレア・ハローを軽減し、3焦点眼内レンズ中で最も光学的エネルギーロスが少ない為、コントラスト感度も良好です。今までの多焦点眼内レンズと比較して、特にPCなど中間距離での視力を大きく改善させました。角膜乱視を矯正する事も可能な為、乱視の強い方にも使用可能ですが、強い近視の方は使用不可能なことがあります。

テクニスマルチフォーカル・シングルピース(AMO社):選定療養対象

〈日本で最も使用される2焦点型レンズ〉

アクリル製で、遠くと近くに焦点が合うよう設計されたシングルピースの眼内レンズです。承認からある程度時間も経過しており、長期間の実績のあるレンズです。透明に近い着色薄いレンズのため、他社の着色レンズのような暗い所でのコントラスト感度の低下が少ないと評価されています。ただ2焦点型であるため、近方もしくは中間距離のどちらかを選択しなければなりませんので、3焦点型と比較して眼鏡の使用頻度は上昇します。また、乱視や強度近視用のレンズはありません。

〈ライフスタイルによって選択が可能〉

焦点の重点を30cm、40cm、50cmの中から選択します。パソコンや演奏など仕事で中間視力を重視する方は50cmを、新聞や読書が好きな方は30cmなど、個々のライフスタイルに合わせて選択することが出来るのがメリットです。

〈患者さま一人ひとりのライフスタイルに合わせた良好な視力提供〉

テクニスシンフォニー オプティブルー(AMO社):選定療養対象

〈焦点拡張型の新しい多焦点眼内レンズ〉

焦点拡張型(Extended Depth of Focus:EDOF)と呼ばれるタイプの多焦点眼内レンズです。アクリル製のこの眼内レンズは、従来の回折型多焦点眼内レンズの欠点を補うために登場し、コントラスト感度の低下の軽減、焦点深度(ピントの合う幅)の拡張を実現しました。遠方から中間距離までの見え方がより自然で、コントラスト感度の低下が少なく、従来の回折型多焦点眼内レンズよりグレア・ハローを軽減します。

〈遠方と中間重視した自然な見え方のレンズ〉

どちらかというと、単焦点レンズの良いところを併せ持つ多焦点レンズと呼ぶこともでき、デスクワーク中心のお仕事や夜間運転の頻度の高い方には適応しやすいレンズです。一方、近方視がやや弱いので、読書が趣味など近見を重視される方には、老眼鏡が必要となるためお勧めしません。

レンティスエムプラス (oculentis社):自由診療【最強度近視対応】

〈完全オーダーメイドの海外製レンズ〉

ドイツ製の完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズで、遠方部分と近方部分の境目がなく遠方から近方までがスムーズにつながって見えるのが特徴です。コントラストの感度が良好で、光学的な光のロスが少なくグレア・ハローも出にくくなっています。乱視も同時に矯正できるレンズもあり、0.01Dまで細かく対応していますので、白内障手術でもっとも懸念されているレンズ度数の狙いと実際の誤差がもっとも少ないレンズであると言えます。ただし、2焦点であることから、中間距離を見る場合は眼鏡が必要となります。

オーダーメイドですので、強度近視があっても問題となりません。オーダーメイドになりますので、注文してからレンズが日本に届くまでに最低でも4~6週間の時間がかかりますが、ご自身の目のサイズに一番ぴったりと焦点の合った眼内レンズを手に入れたい方に最適です。

アクリバトリノバ (VSY Biotechnology社):自由診療【最強度近視対応】

〈焦点拡張機能を有する3焦点レンズ〉

オランダ製の新しい三焦点眼内レンズです。独自の改良により回折型レンズの欠点である光の輪状散乱(ハロー)や光のにじみ(グレア)が軽減される光学設計になっています。さらにEDOF(Enhanced Depth of Focus)という焦点深度を広げる機能を追加され、遠方、中間、近方の見え方がよりスムーズに感じるように設計されています。

光量のロスが10%未満と他の回折型多焦点レンズよりも少なく、良好なコントラストが得られます。レンズ度数の適応範囲も広いので、従来の3焦点レンズがない強度近視や乱視の強い患者様に最適と考えます。手術までの期間は、ほかの海外製眼内レンズと同じく、発注してから日本に届くまでに約4~6週間の期間を要します。

インテンシティー(Hanita社):自由診療

〈新しいテクノロジーによる5焦点の多焦点眼内レンズ〉

2020年7月年に発売され、日本でも9月より取扱いが始まった5焦点眼内レンズであり、日常のあらゆる活動をカバーできるようになりました。このレンズの一番の特徴は遠方、遠中、中間、中近、近方という5つの焦点を持つ眼内レンズであるということです。それにより従来の2焦点や3焦点眼内レンズではなかった距離に焦点を合わすことができるようになりました。

〈最適化された光配分〉

最適化された光エネルギー配分により光エネルギーのロスが6.5%と他レンズに比べ少なく、効率よく眼内に光を取り入れることが可能となります。さらに瞳孔径に応じて最適な配分になるように作られており、独自の工夫によりグレア・ハローの影響も少ないことも大きな特徴の1つと言えます。

ファインビジョン(PhysIOL社):自由診療

〈光学ロスが最も少ない3焦点レンズ〉

遠見と近見以外に、中間距離にも焦点を持つ3焦点型の多焦点眼内レンズで、遠く、中間、近くが見えるレンズになっています。回折型多焦点レンズのうち、光学的エネルギーロスが最も少ないため、コントラスト感度が他のレンズよりもかなり良好です。ブルーライトと紫外線をカットする着色レンズであり、改良によりグレア、ハローがかなり少ないレンズです。

遠方、近方のみならず、中間距離もはっきり見えるため、おそらく現在国内で選択できる明視域の最も広く、各距離とも眼鏡を必要とする頻度が最も少ないレンズであると思われます。角膜乱視を矯正する際には乱視用レンズを用意しますが、日本の多焦点眼内レンズの中で、もっとも眼鏡の必要がないとされるのもこのレンズです。暗所では遠方への光配分が増加するため、中間、近方での視力は低下します。このレンズも注文してからレンズが日本に届くまでに約4週間の時間がかかります。

ファインビジョン トリウムF:(自由診療)

〈3焦点の焦点拡張型眼内レンズ〉

今までのFine vision多焦点眼内レンズと比較して3焦点眼内レンズよりも遠方からやや近方まで連続して見えるEDOF(Enhanced Depth of Focus)という焦点深度を広げる機能が追加されています。そのため遠方から近方まで途切れることなく視力が確保できる構造となっています。コントラスト感度や夜間のハローグレアも多少感じにくい構造となっています。欠点としては、現状では乱視矯正できないので、角膜乱視の強い方には不向きなレンズとなります。

ミニウェルレディー(SIFI MedTech社):自由診療

〈世界で最初の累進焦点型多焦点レンズ〉

従来の回折型や屈折型と全く異なる新しいタイプの多焦点眼内レンズです。球面収差の原理を利用したレンズ光学構造により、コントラスト感度の低下が一切なく、遠方から中間距離まで連続して鮮明な明視域を保持することができ、かつての有水晶体眼にもっとも近い見え方を実現した眼内レンズですが、近方視は困難なため、老眼鏡が必要だが、自然な見え方を追求したい方に向いています。