いくの院長が世界で最も有名な眼科教科書「Ryan’s RETINA」第6版の「外科的治療」の巻で、「強度近視と網膜硝子体合併症」のページを担当執筆しました。
院長は第4版から強度近視のページを担当しており、その改変となります。世界中で強度近視に悩む患者さんの助けになればと思って書きました。

https://www.uk.elsevierhealth.com/ryans-retina-9780323401975.html#panel1