この度、いくの眼科 生野院長がアメリカ黄斑学会(The Macula Society)の会員に推挙されました。 この学会は非常にレベルが高く、網膜専門医による最先端の議論が行われます。そのため、会員になるには実績と国際的な活躍が重要視され、日本の眼科医1万人以上の中から、参加できるのはたった十数名です。今回、国内外の友人の薦めもあり、新たに一員として加わることができました。これからも、引き続き日本から情報を発信していきたいと思います。

 

【アメリカ黄斑学会(The Macula Society)のホームページ】
http://www.maculasociety.org/