いくの院長が世界のエキスパート4人と近視性脈絡膜新生血管における診断と治療のガイドラインを公表しました。
治療や診断が困難な本疾患は未だ国際的に知られていない部分が多く、日本、香港やシンガポールなどでともに活躍する仲間4人とともにPogression of retinal and eye reseach誌にその方法をまとめて掲載しました。

リンク:http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1350946217300599?via%3Dihub